メニュー
クロスワード制作依頼はこちら
解いて、たのしい♪『クロスワードパズル』を作ります 【スピード応対/高品質】広報、懸賞、チラシ等に。初心者歓迎!

クロスワードパズルの作成ルール・まとめ【黒マス、言葉、数字】

この記事はプロモーションを含む場合があります
クロスワードパズルの作成ルールまとめ

この記事では、市販のパズル誌で採用されている「日本語クロスワードの作成ルール」をまとめました。

クロスワードパズルを手書きで作る場合でも、エクセルや無料のソフトで作る場合でも共通の考え方です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次(クリックでジャンプ)

クロスワードの黒マスルール

黒マスをタテやヨコに連続させない

2つ、3つと黒マスをタテやヨコにつなげることはできません。
ナナメにつなげるのはもちろんオーケーです。

クロスワード研究員

あくまで日本語に限った話です。
英語圏はむしろタテヨコに連続するのが一般的。

黒マスでマス目を分断させない

左下「トカゲ」×「ヌカ」のブロックに注目!
もうひとつのブロックとは黒マスで完全に分断しています。

クロスワード研究員

文字を記入するマス目はかならず、ひとつながりにしましょう!

黒マスを四隅に配置しない

左下と右下に注目すると、黒マスが配置されていますね。

クロスワード研究員

これはルールというより、慣例的なものですね。
四隅に配置しないほうが「無難」といえるでしょう。

クロスワードの言葉ルール

小さな「ヤユヨ・ツ・アイウエオ」は大きな文字に統一する

拗音と促音「ヤユヨ・ツ・アイウエオ」は大きな文字に置き換えます。
「リユウ」のカギ(ヒント文)は「理由(りゆう)」「龍(りゅう)」いずれの意味を使っても構いません。

言葉は名詞のみ使用する

言葉は名詞のみ使用します(場合により固有名詞もOK)。
また名詞を組み合わせて造語を作ったり、逆にぶった切ったりしてはいけません。

「タノシイ(楽しい:形容詞)」ではなく「タノシミ(楽しみ:名詞)」ならOK。
もしくはニ文字目を変えて「タマシイ(魂)」としても面白そうです。

「ハル」は「貼る(動詞)」ではなく「春(名詞)」でカギを作ればOK。
同様に「ナガイ」は「長居」、「チカイ」は「誓い」でカギを作りましょう。

使用できない言葉の例
  • 動詞(カガヤク、サガス、タタカウ、ハタラク、ワラウ、など)
  • 形容詞(アカルイ、ウツクシイ、オイシイ、ツメタイ、ヤサシイ、など)
  • 副詞(キラキラ、ザワザワ、ゴロゴロ、ジメジメ、ノビノビ、など)

同じ言葉を 2 回以上使用しない

同じカナ表記の言葉を複数入れてはいけません。
「カキ」は柿・夏季・火気・下記・牡蠣…など言葉がたくさんあります。
しかしクロスワードではひとつの言葉として扱うため、このような言葉の配置はできません。

クロスワードの数字配置ルールと手順

ステップ①:語頭となるマス目すべてに〇印を付ける

「タマテバコ」の「タ」、「テラ」の「テ」など、言葉(二文字以上)の語頭が入るマス目すべてに〇印を付けます。

タテヨコともに抜け漏れがないよう注意しましょう。

ステップ②:「Z」の順に数字を振り当てる

一番上の行から一番下の行まで、それぞれを左から右の順で、〇印に 1, 2, 3…と連番を振っていきます。

横書きの本を読むときの、文章を追う目線の要領です。

ステップ③:カギ(ヒント文)のリストを作る

タテ方向の言葉の数字を若い順に列挙し「タテのカギ」のリストを作ります。続いて「ヨコのカギ」も同様にリストを作りましょう。

以上が数字を配置する流れになります。あとはカギ(ヒント文)を創作すれば、オリジナルクロスワードの完成です!

タテのカギ

1 (タイ)
2 (マクラモト)
3 (テラ)
4 (コレクター)
6 (ドウ)
7 (コミ)
8 (リン)

ヨコのカギ

1 (タマテバコ)
5 (イクラ)
6 (ドク)
7 (コモリウタ)
9 (ミトン)

【参考】ニコリ社クロスワードのルール

ニコリ社のクロスワードでは、数字を「逆N」の順に振り、カギはヨコ→タテの順に記載します。

また黒マスをシンメトリー(対称形)に配置する、投稿のサイズは「11 × 11」「15 × 25」を基本とするなどのガイドラインがあります。

パズル誌に投稿する場合は、各誌のルールもかならず確認しておきましょう。

まとめ

この記事では、市販のパズル誌で採用されている「日本語クロスワードの作成ルール」をまとめました。

参考になれば幸いです!

よかったらシェアしてね!
目次(クリックでジャンプ)