作成ソフト

クロスワード作成ソフト「Crossword Builder」正式版公開!改めて自己紹介

クロスワード作成ソフト「Crossword Builder」紹介記事

スマートフォンでご覧の方へ

この記事では、Windows専用のフリーソフトを紹介しています。
ソフトを使うにはこのページを共有し、Windows PCからファイルのダウンロードをお願いします。

このページを Pocket に保存する

ダウンロード

「Crossword Builder」ver.1.00 をひとつの節目としてリリースしました。

前回(ver.0.97)から5年、初版(ver.0.90)にいたっては実に16年が経過。

ありがたいことにお問い合わせもいただき、改めて紹介記事を書こうと思い立ちました。

この記事でわかること
  • 正式版 (ver.1.00) の変更点がわかる
  • ソフトを使うとどうなるかがわかる
  • ソフトをインストールすべきか判断できる

Crossword Builder(クロスワードビルダー)とは?

Crossword Builder(クロスワードビルダー)とは、私・タカヒロが “SideRoll” 名義で開発した Windows で動作する「クロスワードパズル作成ソフト」です。

ナンクロ(ナンバークロスワード)に対応しているのは、知りうるかぎり本ソフトだけ。

ソフトウェアを導入すると一連の手順を効率化できます。

一連の手順を効率化
  • 盤面の推敲(黒マスを塗る・言葉を埋める)
  • マス目に当てはまる言葉を探す・調べる
  • 言葉の重複使用をチェックする(オート)
  • マス目やカギリストに数字を振る
  • カギ文章を編集する

過去にレビュー記事の依頼も受けました。
「ナンクロ クリエイタ~」は、クロスワードパズル対応以前のソフト名です。

Crossword Builder 1.00(正式版)の変更点

変更は最小限にとどまっています。

Windows 11 で動作を確認
新たな問題点は特に発見されませんでした。
設定ファイル(Cbuilder.ini)を同梱し、初回起動時の設定を最適化
初期サイズを「7×7」、ズームを「120%」 、検索ウインドウのフォントサイズを「最大」にしました。
国語辞典機能は、サービス終了した Yahoo!辞書 にかわり Google検索「〇〇〇+とは」にリンクしました。
ドキュメントやダイアログのテキストを修正
公式URL を当サイト(https://crossword-builder.com/)にするなどの変更をしました。

バージョンアップの履歴を足跡(そくせき)として残しておきます。

Crossword Builder をおすすめする人・しない人

「結局、インストールしたほうがいいの?」

そんな方への判断基準を考えてみました。

おすすめできない人
  • Windows PC がない人
  • 自動作成でパパッと作りたい人
  • すでに作成環境を整えており、移行が面倒な人

海外の流れもあり、今後、盤面の自動作成化が進むかもしれませんね!

ソフトを使うには「VB6.0 ランタイム」なるものを別途インストールする必要があります。
人によっては障壁となるかもしれません。

こんな人におすすめ!
  • 手書きやエクセルで作成しており、効率化したい人
  • ナンクロを作っている(作りたい)人
  • 新たにソフトを試したい人

言葉・黒マスを組む過程を、試行錯誤しながら楽しんでいる方におすすめできます。

私自身がナンクロ(ナンバークロスワード)の投稿を効率化したくて作ったのが発端です。
当時の BBS(電子掲示板)で意見交換も活発におこなわれ、パズル制作サイドで「こんなのあったらいいよね~」という機能を積極的に取り入れました。

ダウンロード

Crossword Builder のおしい点

ここ改善してほしいよなあ、というポイントを挙げてみます。

各ウインドウのフォントサイズが小さい
昨今の高解像度ディスプレイでは目が疲れます。これだけで敬遠される方も多いかと思います。
印刷やエクスポート周りが弱い
CSV や テキストなどプレーンなデータとして出力して、別途ソフトで編集するのがいいのかもしれません。
解答文字列にほぼ非対応(ナンクロは完全対応)
Shift+Ctrl+Space (or 左/右クリック)で画面表示上はマス目に色付けできるので、なんとか対処していただければ…

ソフト作者

開発環境は、もう構築できないんです…

Crossword Builder の口コミ

Twitter の声を拾ってみました。

「文字リスト」をダブルクリックで文字配置バランスなど確認できますからね。
手前味噌ながら、ナンクロ作成はこれ一択でいいんじゃないかなあ(笑)

ソフト作者

ありがとうございます!

最後に

ここまでお読みいただきありがとうございました。

皆様、よいパズルライフを!
そして、本年もよろしくお願いいたします!

ダウンロード